You ware my new dream...

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心☺︎ 結局何が言いたいのかわからない人。

届けばいい、君にだけ。

纏まらない今の思いをグチャグチャ書いてるだけなので悪しからず。どこかに吐き出さないと眠れなさそうだから...。

自担至上主義です、、、、はい。

 

 

まず、第一に22年の間ジャニーズの所属タレントとして駆け抜けた日々。本当にお疲れ様でした。私は97年のスタートから共にすることは出来なかったけれど、錦戸くんが22年頑張り続けたことを知っています。

 

思えば好きになったのは20年近く前。嵐が好きだった姉と共にJr.の番組を見ていて見つけた錦戸くん。なんとなく好意を抱いて、なんとなく応援を始めました。

 

私が初めて買ったCDはSecret Agent Manでした。

 

関西と関東との狭間で独りで戦ってるその姿は、幼き私の目にはとてもカッコいいお兄さんでした。(錦戸くん小さかったけど)

 

声変わりして、またテレビに出るようになって...関ジャニ8が結成されて、あれよあれよとNewSがデビューして、NEWSがメジャーデビューして、関ジャニ∞になってデビューして。

 

幼き私はあまり深く考えていませんでした、掛け持ちがどういうことなのか。

 

NewSとしてデビューしたあの時、耳にした心無い言葉の数々も、二人に向けられた視線も、苦しかったけど、それでもいつも笑顔で頑張る二人が格好良かったです。

 

 

錦戸くんの隣にはいつも内くんがいて、二人で手を取りながら歩み、1週間に何十回も新幹線に乗っては大阪と東京を行き来して、身を削って頑張ってたあの頃。

 

トップアイドルとして輝く一方で、売れたくて、でも売れなくて、踠き苦しんでいたあの頃。

 

応援しているこちらが死ぬかと思うほどに激しく回る彼個人の世界。

 

思いがけず、大好きな、大切なその人の手を離さなくてはならなくなってしまったあの頃。

 

それでも激しく回り続ける彼の世界。

 

戻って来れると信じて、戻ってこれる場所を作ってあげたくて、必死になっていたあの頃。

 

連帯責任での活動休止。

初めての東名阪。

初めての全国ツアー。

初めてのシングル1位。

何となく戻れないことに気がついていながらも、気がついていないふりをしていたあの頃。

 

グループの復活。再結成。ツアー。

初めての京セラドーム。

初めての47都道府県ツアー。

初めての東京ドーム。

初めての台湾コンサート。

もう片方でも初めての東京ドーム。

 

一方も少しずつ、本当に少しずつ手応えを感じて、周りからも認められている、そんなことを感じ始めたあの頃。

 

また二人並んで幸せそうに笑う内亮。

 

ドーム公演に追加が出るほどに人気が出始めたあの頃。

 

爆売れした無責任な男たち。

47で何か賞みたいなのも貰って。

 

もう、戻ってはこれないと、別々の道を歩んで行かなくてはならないことを、、、事実上認めたあの時。

 

ツアーに当たり前のようにドームが入るようになったあの頃。

連ドラと24ドラマとツアーが重なっていたあの夏。

 

初めてのレコーディング。

 

多方面から認められ始めたあの頃。

 

少しずつ広がる世界。

 

銀幕デビュー。

 

自分たちのカラーを出したくて、武器を作りたくてコンサートで披露してきていたバンドを世間に発信し始めたあの頃。

 

その武器でガツンと人気を集めたあの頃。

 

突然として広くなる世界。

 

最後とは思っていなかった最後のツアー。

 

追いきれないほどに目まぐるしく回る世界。

 

ドラマ初主演。

 

突然として1つの世界の扉が閉ざされたあの頃。

 

それでも回り続けるもう1つの世界。

 

初めての5大ドームツアー。

 

8人目は私たちだと、、、初めて直接的にもう戻って来ることはないと教えてくれたあの頃。

 

フルスピードで走り続けた6、7年。

 

思いがけない別れ。

 

それでも走り続けることを選択して、険しい道を進んで来た1年半。

 

こうやって気がついたら何年も経っていました。

 

思えばあの頃からいつも錦戸くんは自分よりもグループのことを考えていた。どうすればグループが人気になるか、グループに注目してもらえるか、そればかり考えていたように思います。

沢山のモノを背負わされて、それでもいつも先陣を切って歩んで行く姿にどれだけ励まされたか。

 

本当はシンドイはずなのに、苦しくて辛いはずなのに、気を緩めたら倒れてしまうほどの状況にいたはずなのに、そんなことはこちらに微塵も感じさせずに常にトップスピードで駆け抜けているその姿。

いつだって、どんな時だって絶対に言い訳はしない。

誤解されていても誤解を解くことは決してなかったし、わかってくれる人はわかってくれるはずだと口で語らずして姿で語って来た錦戸くん。

03年から、いつだって、どんな時だって、悪者はいつでも錦戸くんだったし、とりあえずなんでも錦戸くんのせいにしておけばOKみたいな風潮があったけど、それでも何も言わずにただただ無言を貫いて私たちの前に立ち続けてくれた。理不尽なことばかり言われても何も言わずに、その生きづらい世界で生き続けてくれたこと。

どんなに感謝してもしきれないって思ってます。

 

錦戸くんがいつだか言ってたよね、ジャニーズだからできることの方が多いって。きっと誰よりも事務所の力か偉大であることは分かってるはず。

それでもそこを旅立つことを決めたのだから、それ相当の覚悟はできてるんだろうなぁって思ってます。

 

私は、どこにいたって何をしていたって錦戸くんが好きです。

錦戸くんの人生だから、錦戸くんが思うように生きて行って欲しいって思ってます。

今まで、グループの為に、グループの夢の為に、がむしゃらに走り続けて来たのだから、これからは今まで以上に自分のために生きて行って欲しいです。

錦戸くんが望むのであれば、綺麗な女性と結婚して、大きな家に大きなお庭、大きなワンちゃんと幸せな家庭を築いても欲しいです。

 

嘘がつけない真っ直ぐな錦戸くんが好き。

虚勢張って強がって生きて行く錦戸くんが好き。

語らない美学を貫く錦戸くんが好き。

負わなくていい責任まで負っちゃうくせに、決して他人のせいにはしない錦戸くんが好き。

ひとつひとつ挙げていたらキリがないほどに全部が好き。

 

必要とされることって嬉しいし、とっても幸せだよね。でも、それ以上に心と身体への重荷が凄かったと思う。

二人で手を取りながらスタートした2年。

板挟みになりながらも、ただただ黙々と孤独に戦い続けた6年。

少し肩の荷を降ろして突っ走った8年。

思い出すのも辛いような記憶もあるけれど、やっぱり楽しかったこと、幸せだったこと、嬉しかったことが9割9分。

お金ないーなんて言いながら、お小遣いやお年玉や誕生日プレゼントをやりくりして、両グループのものを全部買っていたのもいい思い出だし、錦戸くんを好きになって本当に良かったって思ってます。

錦戸くんのお陰で私の人生が豊かになったし、私の世界を錦戸くんが広げてくれたから。

 

 

分かってくれる人が分かってくれればいい。

 

10代の頃から錦戸くんが言い続けていること。

分かってくれる人が分かってくれればいい。

それを言えるほどに大きな心を持つ錦戸くんだから、今までのようにこれからも強く強く生きて行ってくれるんだろうなぁって楽しみにしています。

 

自分にはもうこの道しかないって度々口にしていたし、錦戸くんなりのエンターテイメントを発信してくれるって言っていたから、私はとても楽しみにしています。

 

錦戸くんが掛け持ちを始めた瞬間からグループに拘ることが出来なかった私だから、多分他の箱推しの人より打撃は少ないと思う。内くんが隣からいなくなってしまったあの瞬間、山Pと並ばなくなってしまったあの瞬間。たぶん私は、箱への拘りをさらに捨ててしまっていたから。けど、寂しくない。と言えば、勿論それは嘘で。、だって15年以上見守り続けたそのグループから旅立ってしまうわけだから...でも、それでも寂しいという気持ち以上にワクワクした気持ちです。

 

東京の3公演のためだけに準備して来てくれた蒼写真。ギターだけじゃなくてピアノまで練習して来てくれて、二日目からはラストのピアノの演奏までしてくれて。口下手な錦戸くんは大好きとか直接的に伝えてくれることは少なかったけど、最後の最後までたっぷりの愛情を注いでくれて、愛を届けてくれた。本当にありがとうございます。錦戸くんの姿からいつだって愛を感じていたし、見返りを求めないスマートなファンへの愛が大好きでした。

 

幼かった女の子が何となく惹かれたことをキッカケにここまでずっと好きでい続けるって相当だよ、それだけの魅力があるんだよ、錦戸くんには。

 

 

錦戸くんは本当に本当に頑張って来たと思う、、、こんなこと私が言う資格なんてないけれど、本当に本当によく頑張ってここまで来たと思う、、、だから心の底から伝えたいです。

 

お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

ゴールテープを切るその瞬間まで、どうか見守らせてください。

 

今日も生きていてくれてありがとう。

大好きです。

 

 

14人のメンバーと錦戸くんを可愛がってくれた事務所の方々にも感謝しています。

 

 

人間頑張ればいいことがあるはずなの。

だから、いつだって頑張り続けてる錦戸くんはもっともっと幸せになれるはず。

 

 

 

錦戸くんの未来に幸あれ。

 

十五祭、本当に本当に楽しそうな笑顔で幸せそうにステージに立っていた錦戸くんのジャニーズアイドルとしての最後の姿は一生忘れません。

 

錦戸くんのアクセル全開はこんなものじゃないって知ってるから...

これから見せてくれる新しい錦戸亮を楽しみにしています。

 

 

 

世界で一番幸せになるんだよ、必ず。

 

 

どこにいたって、何をしていたって錦戸亮ちゃんが世界一。

これは一生変わることのない事実。

 

 

私はただただ大好きな錦戸くんを見失わずに錦戸くんについていくだけ。

錦戸くんが好き。

 

 

最後に今日でちょうど入所から22年です。

おめでとう、本当におめでとう。

ありがとう、ありがとう、ありがとう、ありがとう...

これからもずっと大好きだよ。

 

 

2019年9月6日 金曜日

 

 

 

 

 

 

眠ろうと目を瞑ったら涙が溢れて来たよ。

強がってるけど、本当は凄く寂しいんだと思う。

世界へ羽ばたけ!錦戸亮!!!!!