You ware my new dream...

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心☺︎ 結局何が言いたいのかわからない人。

Stay beautiful.

 

 

私の記憶に残ってる錦戸くんの言葉は本当に沢山ある。

そのいくつかある"きっと一生忘れない言葉"の一つ。

 


「仕事が趣味です。仕事以上に楽しいことはない。」

 


当時21歳で年休が2日のハードスケジュールだった年の(多分)12月に錦戸くんが言った言葉。

ドラマ2期連続で撮って、年末に関ジャニでライブをして、年始からNEWSのツアーがあって、そのツアーと同日の朝にはソロコンが決まってて、ツアーが終わったらすぐに関ジャニとして舞台に立つことが決まってた頃。(最終的にはその舞台が終わるとすぐに別の舞台に急遽立つことになったんだけど)休みがないから仕事以外にできることもほぼなかっただろうし、仕事が趣味になっちゃうことも、仕事が一番楽しいと感じちゃうことも当たり前なのかもしれないけど、当たり前ではないよなぁってこの頃思う。

 


錦戸くんって器用で涼しい顔して全てをやり遂げちゃうから挫折も知らない、何でもできる人と思われがちな気もするけど、私の中では意外と不器用だし、天才よりは秀才タイプだし...見えないところでする努力の天才って感じで。

 


小さい頃にスイミングを習ってたのに泳ぐのが苦手だったり(クロールできるようになったかな?)、小学生の頃に始めたサッカーはコーチが理不尽でお金をかけて首を痛めさせられて嫌になり、最終的には骨折をキッカケに辞めたり。中学生の頃の部活は小さすぎて相手にもしてもらえずに、筋トレばかりさせられて、幽霊部員のようになったり(悔しくて夜に自主練をしてたからシュートフォームだけはキレイだって言ってた錦戸くんも好きよ)。案外何かがすごく上手だったり、得意だったり、何かを長く続けたりする子ども時代からはかけ離れてた気がする。

 


錦戸くんが少し前に自分は長続きするタイプじゃないけど、関ジャニは14年?15年続けられてるみたいなことを言ってた。

サーフィンとかはもう9年近くになるし、スノボもシーズンになると行ってるみたいだし、ギターもずっとやってるし、趣味の範疇に入るものは多分長く続くんだろうけど(勿論やってみて錦戸くんに合えば)、そうでないものは続かないって思ってるんだろうなって。

けどこれって錦戸くんに限ったことじゃなくて、人間みんなそうだと思う。仕事とか部活とか、自分の意思でやってるけど、自分の意思とは反して苦痛が伴ったり多少の強要をされたり。こういうのってやっぱり続けるのって難しい。

 


けど、そんな錦戸くんがアイドルは21年以上続けてる。多分何度も挫けそうになっただろうし、折れそうになっただろうし、辞めようとも思っただろうけど、それでも21年以上続けてる。

 


錦戸くんの心が強かったこと、そこに夢を見つけたこと、楽しさに気がつけたこと...知らないけど、続けられた理由って多分沢山あると思う。

けど、東京と大阪をたった一人で行き来して心が折れそうだった10代の錦戸くんに「無理するな、辞めたくなったら辞めや」と言ってくれてたご両親がいて、仕事に口出しはしないけど実家に帰ると増えてるビデオを見て頑張らないとって思ったり...錦戸くんが頑張れる最大の理由って、錦戸くんがここまで頑張って来れた最大の理由って...ご両親なんだろうなぁっていつも思うの。

無理して頑張らないでいいという選択肢をくれるご両親がいなかったら、今私の目の前にはアイドル錦戸亮はいないんだろうなぁってなんとなく思う。


頑張ることが当たり前で無理してることにも気づかないタイプの錦戸くんの周りには、頑張らない選択、肩の力を抜くことを教えてくれる人が沢山いたんだろうなぁって。飛ぶ鳥を落とす勢いのあった人気グループのメンバーが親友でありながら、わざわざ多数の人の目につく誌面で「少し休んだほうがいいよ」って言ってくれたりね。

 

 

仕事以上に楽しいことがなかった錦戸くんにも、今は仕事と同じくらいに、もしくは仕事以上楽しいことが見つかったかなぁって。

あの頃よりもスケジュール的にも、精神的にも、色々と余裕が生まれて、仕事以外にも楽しいことが見つかってる気がして私はすごく嬉しい。

忙しく働いて、毎日抱えきれないくらいの供給があるのも、それはそれで楽しかったけど、今の私はそれを求めてないんだなぁって。錦戸くんが休みなく働くこともいいけど、たまには息抜きして、ゆっくりしながら過ごせる今がきっとすごい幸せなことだろうなぁって。


働きたいなら働いて欲しいけどね。

うん、結局のところ、錦戸くんが好きなようにして欲しいんだな、私は。

 

好きなように生きて、やりたいと思うことを心から楽しんでやってる姿がやっぱり一番美しいと思うから、今みたいに映画→大河→月9と立て続けにあった後の今のお休みの時間もこの世界のどこかでキラキラ輝いてる錦戸くんに想いを馳せて幸せ感じてるよ。(キモチワルイ)

 

 

 


この仕事が趣味です...の記事が読みたくなって、探して読んだらそこに書いてあることが胸にしみて。

確かテレビ誌のNEWSの連載だったと思うけど、記憶は曖昧。(連載名ググったら全くヒットしなかった 笑 幻かと思った)

 

 

 


"「がんばっていきまっしょい」と「1リットルの涙」は楽しかった。今は演技の仕事はもっと密にやりたいって思うけど、CD出す時期になると"もっと歌いたい"ってなるし、、、"(ニュアンス)

って言ってて、ああこれか...ってなった。

私が錦戸くんを見てて感じ続けてることの一つが、「今この瞬間が一番楽しい」と思っていそうだなってこと。

舞台に立ってた時は舞台が一番楽しいと思ってるのが伝わってきて、ドラマに出てる時はお芝居をすることが一番楽しいと思ってるのが伝わってくるし...関ジャニ∞でステージに立つ時はこのメンバーとステージに立つ今が一番楽しいと思ってそうで、NEWSでステージに立つ時はこのメンバーとステージに立つ今が一番楽しいと思ってそうな感じ。それを私はいつも感じてた。だから、関ジャニ∞だろうと、NEWSだろうと、俳優としての個人でのお仕事であっても、全てを見てたいと思ったし、全てが楽しくて幸せだった。

錦戸くんが昔からブレずに言い続けてることが「先のことはわからない。先のことを考えるよりも目の前にあることに一生懸命に取り組む。(かなりニュアンス)」ということ。

多分これにも通づるんだと思う。

先のことを考えても仕方がないから、今目の前にあるこの瞬間を一所懸命に生きたいし、楽しみたいって思ってるんだろうなって。極端な話、明日のことを考えて体力を温存するよりも、とりあえず今日使い切って、また明日考えればいい...みたいな感じだというのかな?

何をしてても楽しそうなんだよね。(たとえ本当はそこに苦痛が伴っていたとしても)

今でもお芝居をしてる時は演技をすることが一番楽しいんだろうなって感じるし、音楽をしてる時は音楽が一番楽しいんだろうなって感じるし、メンバーと何かに取り組んでる姿を見るとメンバーとこうしてる時が一番楽しいんだろうなって感じる。

だからお芝居だけをして欲しいとも思わないし、音楽だけをやって欲しいとも思わないし、やりたいことをやりたいだけやって、悔いがないなら自分の意思で辞めればいいなぁってずっと思ってた。それを改めて感じた。

まぁ俳優のお仕事は年を取っても続けられるから辞めるのは勿体ないって言葉をこの前聞いたから心ではすごく喜んでるよ。きっと辞めないでくれるんだろうなぁって、とりあえずは続けようと思っているんだなぁって。

私は錦戸くんが楽しいって思うこと、やりたいことをして生きてる姿を見てるのが一番の幸せだから、好きなことやりたいことをやってて欲しいなぁって。

 

 

"ドラマ、舞台、コンサート、CDと何でももっと経験を積んで、もっと自分の引き出しを増やして、死ぬまでに何か一つこれは人には負けないというものが分かればいい。"

今はここから舞台がなくなった。

そしてここに映画が加わって、バンドも加わった。

少しは何か一つが分かり始めたかな?とも思うけど、今の錦戸くんにそれを問いかけたら「まだ分からない」って答えそうだなぁって思ってまた勝手に嬉しくなった。

100ページの本の1ページを開いたばかりだと言ってたのが多分11年前くらいだった気がするから、今は5ページ目くらいには来たのかな?まだ2ページ目くらい?

経験積んで引き出し増やして死ぬまでに分かればいいってかっこよすぎるでしょ。流石錦戸亮。流石経験はタカラモノと言う男。

 

 

 

 

私的には世界でもトップクラスのワーカホリックだと思ってた20代の錦戸くん。

私はあの頃の錦戸くんを絶対に忘れたくないし、きっと忘れない。

あの頃の私の気持ちも忘れたくない。

 


いつ倒れてしまうか不安で...いつ過労死してしまうか怖くて...本日体調不良のためステージに立てませんとアナウンスされる日が来るのではないかと常に思ってたあの頃を。

錦戸くんは逃げる人ではないから逃亡するとは思ってなくて、だから余計に心配だった。

決して白旗を振りかざさないであろうことを感じてたからこそ怖かった。

地面に落としたガラスのコップのように、不意に何かに当たった瞬間に粉々にくだけ散ってしまうのではないかと。

 


結局それは杞憂に過ぎなかったけど。

 


けど、あの頃の錦戸くんにはそれくらいの儚さと脆さがあって、それ以上の力強さもあった。その力強さがなかったらきっと応援できてなかっただろうな。苦し過ぎて。

 


選択肢がこれしかなかった。これしかできないから一生懸命やるしかないっていつか言ってたけど、頭のいい錦戸くんは本当は他にも選択肢があることが分かってたと思うし、続けることができたようにいつでも辞めて新しい道に進んでいくことができたと思う。さらに言えば錦戸くんなら、その道でも第一線で活躍していたであろうことも目に見えてる。それでも、続ける道を選んで進んで来てくれたことが嬉しいし、今でも私たちの目の届くところで、私たちが応援できるそこでキラキラしていてくれることが嬉しいなぁって改めて感じた。

 

 

 

私が知ってる錦戸くんなんてほんの一部に過ぎなくて、テレビや雑誌、ライブで見てきた姿しか知らないけど、それでも錦戸くんって本当に素敵な人なんだなぁって思う。

私は錦戸亮さんが言った言葉しか信じないし、見せてくれる姿が最も信用できると思ってるから、実際に存在するかさえ分からない謎の人物が出てきてどう言おうと正直ダメージ0。腹立つしイライラするけど。

だから私は大きな声で言える。

錦戸亮って本当にステキな人だよって。

 

 

 


21年以上常に第一線で輝き続けてくれてありがとう。

改めてそんなことを感じた。

 

 

雨が降るから考えが多くなるのかな。

 

 

 

 


望んでることはただ一つ、健康長寿だけどね、

 

 

 

 

 

 

Stay beautiful......

 

 

 

と思ってるよ。