You ware my new dream...

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心☺︎ 結局何が言いたいのかわからない人。

サリー、これあげる、これもあげる

 

P亮ちゃんを書き殴りたい。

私の中で殿堂入りを果たしてるP亮ちゃんを書き殴りたい。

初めて殿堂入りを果たしたペア P亮ちゃんを...ただ、それだけ。

 


私、本当にP亮ちゃんが大好きなんです。これは、今も昔も変わらない、多分これからもP亮ちゃんは永遠に推し続ける。

山Pのファンだった従姉妹と会って、何故か久しぶりにアイドル話に花を咲かせてたら、P亮ちゃんが愛おしくて語りたくなった。従姉妹もP亮ちゃん大好きな人だから、、、恋しくなったのです、P亮ちゃんが!!

語りたいのに語る人がいないから(寂しい 笑)、ただただ私の好きなP亮ちゃんを書き殴るだけです。内容はないです。読む価値もないです。P亮ちゃんが好きだという話。

注)ここに出てくる2人の言葉は全部ニュアンスです。(自分の記憶力ほど信用ならないものはない←)

 

 

 

P亮ちゃん...もうP亮ちゃんってコンビ名からしていい。

だって錦戸くんは山Pのことをぴぃぴぃ呼ぶし、山Pは錦戸くんのことを亮ちゃんって呼ぶから、2人の関係性がコンビ名一つとっても手に取るようにわかる...いい。(勝手にファンがそう呼んでるだけなのにね 笑)

 


山下智久×錦戸亮...

2人の関係性は、昔山Pがよくしていた

"出会った頃、亮ちゃんは小さかったから年下だと思ってて、タメ口で話してた。それが気に食わなかったのか、しばらくして「お前いくつやねん」って言われて、「小6だけど」と答えたら「オレ中一やぞ」って言われた。「そうなんだーごめん、年上に見えなかったー」って。今でもタメ口を貫いてるし、年上だと知ってからも気を遣おうとは思わなかった。"

っていう感じの話に全部が溢れてると言っても過言ではないと思ってる。

だって、これぞまさにP亮ちゃん なんですもの。

 


錦戸くんって本当に色んな人に毒舌、とか厳しいとか言われる人で(言ってることは基本的に正論だけど、それをハッキリと伝える人があまりいないからか彼をよく知らない人からは怖いと勘違いされてるよね)、それは山Pに対しても同様で、まぁキツイことでも何でもストレートに言うこと言うこと。だけど、山Pは山Pで案外辛口タイプで、錦戸くんに対しても平気で辛口コメントをしてて、だからこそ2人の関係性が築けたんだろうなぁって思うくらいお互いに言いたいことは言ってた...紙面上でも(笑)

(錦戸くんって言いたいことを言えない人...というよりも、言えなくてずっとネチネチグチグチしてる人が大っ嫌いなイメージで、だからきっと何でも言ってくるPちゃんが好きだったんだろうなって勝手に思ってる)

 


一方は、初めてできた東京のお友達...とか、東京は山Pがいるから好き...みたいなことも言ってたり、他方は亮ちゃんがいないとダメな人間だった(これはデビュー後かな)とか、亮ちゃんはオレのマブダチ!!をめちゃめちゃアピールしてたりとか...

本当に仲がいい友達って感じで。

 


ジュニア時代、雑誌のインタビューの7割くらいはお互いの名前を出してたんじゃない?って言いたくなるほどにいっつもお互いの話をしてて。

同じグループのメンバーとしてデビューしてからも、特に仲良いエピソードを話していないインタビューとかでも、ふと2人の言葉から仲良いが感じられて。常に2人が絡まると、アピールなしで仲良しが伝わって来てて。

例えば何となく覚えてるので言えば、亮ちゃんが美味しいっていうものは間違いないみたいな話の時に、その割に俺らいつも同じものばかり食べに行くよね、焼き鳥屋さんとか定食屋さんとか...みたいな話とかを読んでる時とかに感じたかな。(いつも!!!一緒に!!ご飯食べてる〜!!)

 


私は勝手に、仕事を通して出会った友達ではあるけど、2人は"仕事"抜きに、親友になってしまってて、お互いに良い刺激を与え与えられ、切磋琢磨しながら頑張ってたけど、良くも悪くも仕事仲間になりきれなかったんだろうなぁって今ではそう思ってる。(けど、きっとそんなようなこと、錦戸くんも感じてるんじゃないかな?って思う時がある。関ジャニのメンバーのことを仕事仲間と言い切って、ファンから冷たいとか言われたりもしてたけど、仕事仲間でない限り共に仕事をし続けられないって気づいてたんじゃないかなって。でも、2人は本当にマブダチすぎて、、、ね。)

 


けど、私はそこが最大に好きなの。

どこの人たちも、結局はお仕事で出会った人で、お仕事を共にする仕事仲間。どんなに仲がいいって言ったって仕事仲間は仕事仲間。だけど、2人は本当にマブダチだった。それが最大に推せるポイント。商売仲良しとかではなくて、純粋に仲がいい。

 


ぴぃぴぃぴぃぴぃぴぃぴぃぴぃ煩い錦戸くんとりょうちゃーん(苦笑)みたいになってる山Pとのその関係が...

亮ちゃん亮ちゃ〜んなってる山Pとぴぃ何やねん!みたいになってる錦戸くんとのその関係が...

 


好きなんです。

 


レコメンに山P亮ちゃんでゲスト出演した時に横山くんに「山PはどっくんのことNEWSの錦戸亮として見てるの?」みたいなことを聞かれて

"亮ちゃんは昔から一緒だったし、NEWSのじゃなくて、亮ちゃんは亮ちゃんですね"

みたいに答えてて、ジーンときた覚えが。変わらないんだなぁ仲間って、友達って、環境が変わっても...って。

 

 

 

ケイタイがないから家電で連絡取りあって「亮!山下くんって東京弁の子から電話よ!」なんて言われて「誰?」って思ったら山Pだった。意味もなく喋ってた。...とか。

 


ジュニア時代にTDLに一緒に行ったり...大人になってからも行ったり...TDLに行こうとしたのに、遠くて面倒だと山Pが言うから後楽園になったり...(笑)

 


コンサート中に変なことして一緒に怒られたり

 


誰もいない海で朝日と共に花火をしたり。

 


遠くに住んでるのに...そうとは思わないほど、一緒に遊んだりしてて。

青春を共にした親友。

そんな2人が最高に好きなんです。

 


友達の家で喧嘩して、テーブルの周りをぐるぐるして、友達のお母さんに「やめときな!」って止められたりする2人。どう考えてもかわいい。

 


仁くんの家でテレビ見ながら年越して、突然山Pが初詣行こうかなんて言い出して、山Pと亮ちゃん2人だけで初詣に行ったり。

 


割り勘はしないですね~だいたい亮ちゃん...そこで年下感出すのかな?かわいいななんて...

 


本当にP亮ちゃん...好き。

 


デビュー前の数年は多分そんなに関わりなくて、お互い別のグループを組んでたし、同じグループでデビューするなんて1ミリも想像してなかったと思うのに、巡り巡って、再会した2人。

 


デビューした後もやっぱり仲良いなぁっていつも思ってた。メイキングとか見てても、普段の2人ってこんな感じなんだろうなぁ~かわいいなぁ~が垣間見えて。

 


だけど、昔と変わらなくて。

あの時の鏡で錦戸くんが山Pを攻撃して、仕返しに同じことを山Pが錦戸くんにするっていうのが、もうまさにP亮ちゃん...。平気だぜって強がる亮ちゃんと全然効かねぇー(笑)なPちゃんと...ああああああ、かわいい。錦戸くんの過激な(!?)イタズラに、目には目を歯には歯をの如く本気でやり返すのって山Pくらいじゃ?すきだ。

 

 

山下ゴラァ~なんて叫ぶ人亮ちゃん以外にいる?←

 

 

 

山下智久錦戸亮


オレは亮ちゃん、LOVE。

 


ジャニーズになって得たかけがえのない友達→斗真、仁、亮ちゃん

 


オレがSOSの時、亮ちゃんは必ずと言っていいほど気がついて電話をくれる

 


小さくてミニチュアサイズだった亮ちゃんが、今ではこんなに頼れる人になっちゃって

 


裏表のないところが最高。これからも変わらないで欲しい。前から仲良かったし、趣味も合うから一緒にいて楽しい。

 


この前テーマパークで買ったお揃いのストラップ付けてる?(えぇそれ紙面で確認するの?かわいいーって思った記憶。多分2006年くらいかな~)

 


錦戸亮と言えば? →マブダチ

 


メンバーで彼女にするなら? →亮ちゃん。一番よく知ってるし、向こうもよく知ってるだろうから。

 


亮ちゃんは毒舌だし厳しいけど、実はすごく優しい人。誰よりも優しくてピュアな人...みたいなこともよく言ってくれてたよね。

 

 

錦戸亮山下智久


恋人にするならJr.の誰? →ぴーちゃん。あ、山P(この言い直しかわいい。)

お笑いコンビを組むならJr.の誰? →山P

 


Jr.時代、謎に雑誌のスタッフさんに山Pへのプレゼントを託して帰ったり、、、

 


出会った頃から話が合ってすぐ仲良くなったとか言ってたし...

 


僕の初めての海外もPと一緒だったって話してたなぁー

 


なんてキスしたくなる唇...

 


錦戸担だから、どうしても自担が言われた言葉ばかり覚えてるんだよなぁ~残念だ。

 


ああ最高に好きなの思い出した。

サバイバル生活の役割を聞かれた錦戸くんが

"ぴー…あいつは何してるんやろ?浜辺で星の数とか数えてそうだよね(笑)"

って言ったやつ!!!P亮ちゃんだからこそ導き出された答えすぎません?

 


あんなに沢山いたジャニーズJr.の中で、山下智久という人を見つけだし(たまたま近くにいたのかな?笑)すぐに仲良くなったって...なんてことだ!!!!他の誰でもなく、山下智久錦戸亮にとっての"大阪弁以外を喋る友達第一号"だという事実にひれ伏す。山Pを通して、斗真くんやハセジュンたちとも仲良くなったって言ってたよね...あぁ山P。

 

 

 

2人仲良くインフルにかかってしまった時に、調子どうー?って連絡し合うの可愛すぎません?

 


1年365日、持ってる洋服は一つや二つじゃない。その状況で、たまたま同じ日に同じような洋服チョイスして着て来て恥ずかしがる大人たち...えっ可愛すぎません?

 


山Pの家のソファーと壁の間に、山Pと亮ちゃんの団扇が仲良く二つ飾ってあったの可愛すぎません?

 


僕あんまり笑うの得意じゃないんですよ、どうやって笑ったらいいかわからない

って言う山Pが錦戸くんの隣で本当に楽しそうに笑ってる姿を見れたりするのも好きで。

 


あまり表情が変わらない山Pと表情が感情そのままにコロコロ変わる錦戸くんとの対比感がとっても素晴らしいP亮ちゃんで好き。

 


錦戸くんの山Pじゃなくてぴぃって呼ぶのが好き。

こんな関係性なのに、Pちゃんが亮じゃなくて亮ちゃんって呼ぶのが好き。

 


あんなに小さくて可愛くて可愛くて可愛かった、大天使P亮ちゃんがこんなにもカッコよくてカッコよくて男前な王様P亮ちゃんになっちゃって...

 


推せる。

 


何だか妙に2人だけの空気感というか、誰にも邪魔できない、入っていけないバランス?が最高級に素晴らしくて大好きです。

 

 

 

P俺のこと好き?

好きだよ、愛してるよ!言い過ぎか!笑

なんでそんなこと不安になるのさ。

Pが時々冷たいから

またそんな嘘を言って。そしたら亮ちゃんだってホテルでオレがテレビ見てる時に後ろから枕投げて邪魔するじゃん。

それは好きだから...

みたいな謎の友情確認をする幼きP亮ちゃんも

 


歌終わりに突然亮ちゃんにハグをしちゃうPちゃんと驚きながらも嬉しそうな亮ちゃんという大人なP亮ちゃんも

 

全部好き!!!


あんなにかっこいいのに、エピソードにかわいいしか溢れないP亮ちゃん推すしかないでしょ。

 


けど、多分、何だかんだ言って一番推せるポイントは2人の"対等感"なのかもしれない。

2人って絶対に対等で。どちらかが優位に立とうとも、どちらかを下に見たりもしない。どこまでも対等な関係。そっちがそう言うならこっちはこう言う。いい意味で遠慮なく行く。もちろん人間関係で必要な気遣いや配慮はどちらからも感じられるけど。小さなことでお互いイライラして、ケンカみたいなことはがりしてたとか言ってた時もあるし、本当に対等な関係。2人って結構気を遣われたり、持ち上げられたりされやすいタイプで、2人にそんな気はないのに上に立たされて、周りが勝手に下に立って、必要以上に持て囃されて。気がついたら自分が優位な立場にいるタイプっていうのかな?そんな中で、お互いに対して絶対にそれをしない2人が凄く好きだった。似た2人だからこそ、分かり合えてそういう関係になったのかもしれないし、それは2人にしか分からないけど。

私は、ずっと追いかけてるその背中が錦戸くんだから山Pのこともずっとは見てきてるけど、やっぱりファンの方ほどは分からなくて...これは錦戸くん対してしか言えないけど、本当の意味で錦戸くんと対等な関係だったメンバーって2つのグループ合わせても山Pたった1人だけだったと思ってて。

その対等感が生む特別感がとても好きだったんだと思う。

 

性格とかも似てないのに、似てるところもあって、そこのバランスも好きだなぁ。

 

小さい頃から芸能界にいて、普通の人がしてきた当たり前のことを、当たり前の様にできなかった2人が、色んなことをして、少しでもその当たり前を2人で叶えようとしてたり...そんな2人が本当に好きだった。

関西から1人東京に飛び出して、周りはみんな知らない人で、同じ関西から来てた唯一のお兄ちゃん3人はすでに3人の世界を築きあげていて、最前線に立っていて、不安で怖かったであろう少年亮くんが一人ぼっちにならずに、孤独を感じずにいられたのは山Pに出会えたからだと勝手ながら私は思ってるよ、ずっと。

 

2人とも友達は他にもいて、親友だって他にもいて、その友達の中の一人という存在だと思うんだけど、それでもなんかいいのよね、ぴぃりょうちゃん。


山下智久錦戸亮が同じ国で同じ時代に生まれて、出会って、沢山の思い出をつくって...奇跡でしかない...

 

 

その後8年、如何お過ごしでしょうか?

きっと話をしないだけで、たまに会ったりしてるんだろうなぁとか、会ってないにしても連絡だけは取ってるんだろうなぁって...


もし連絡を取ったりもしてなくても、久々に再会したらすぐに、まるで昨日「また明日ねー」ってバイバイしたかのようにお話できるんだろうなぁって。そうであって欲しいなぁって思ってる。

 

 

 


私にとってのそんな奇跡な二人が、同じグループでセンターに立っていたのは奇跡の中の奇跡すぎで、本当にいい夢見せてもらってたなぁって思う...8、9年も見せてくれたんだもん。

2人の声が重なる音楽、2人の踊りが収められてる作品が沢山あることが幸せだよー!!

Best Friendが発表された頃、これはもうP亮ちゃんの歌だと思ったバカはここにいるよ?

 


それではP亮ちゃんに想いを馳せて聞いてみよう。

 


NEWS で rainbow....

 

 

 

あああああぁ、イントロ部分から堪らないーーーーー

 

 

 

 


大好きです、ぴぃりょうちゃん。

 

 

 

 


(大好きな曲P亮ちゃんソングいっぱいあるのになんでこの曲を選んだんだろう?笑)

 

 

 

 

 

最後は、P亮ちゃん見てると思い浮かぶ言葉で。

 

 

Fine words butter no parsnips.