You ware my new dream...

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心☺︎ 結局何が言いたいのかわからない人。

最後の夜…TheラストナイトなLast night

一晩明けて、めざましが鳴る5分前にしっかり目も覚めて...

目が覚めた瞬間に現実味を帯びてない現実が目の前に広がってて。

夢を見ないほど深く眠っていたのか、夢を見ないほど眠ってなかったのか。よく分からないけどフワフワした感じ。(寝不足か。)

目が覚めた瞬間の感情は本当に言葉にできないもので。

 

あぁ、終わったんだなって気持ちとあぁこれから始まるんだなって気持ちとの両方がぐわぁーーーって溢れてきた。

8人でスタートして走り始めた関ジャニ∞を7人ががむしゃらに突っ走って作り上げて。これから6人でもっともっと素敵な関ジャニ∞を作っていくんだろうな。

 

私はすばるくんが担当ではないから、そこについてはあまり深く触れられない...というか、触れない方がいいと思うから(経験上)錦戸くん中心に。溢れ出す思いがまとめられないけど。注)まだリアルタイムで見た以来一度も再生できてないので、私の記憶と事実が異なるかもしれません。

 

関ジャムの生放送が始まって、そこにはいつもとなんら変わりのない7人がいて。楽しく終わるかな?って思ってたんだけど。

村上くんが「りょーちゃんは?」「りょーくんは?」って聞くたびにいつも以上に頑張って上手にペラペラペラペラ話す錦戸くん。

 

LIVEが始まって、無責任ヒーローは本当に全員が...スカパラさんも全員が本当にいい笑顔で楽しそうに、これが関ジャニ∞だ!!人生楽しんでなんぼ!!と言わんとばかりに楽しそうに演奏してて、うんうん。と笑顔になって。

 

そして、

関ジャニ∞が7人で最後に届けたい曲として最初に歌った大阪ロマネスク

大阪ロマネスクについては前にここにも書いたことがあるけど、本当に思い出がたくさんある曲だから...すっごいどんどんどんどん悲しくなってきちゃって。そしたら、錦戸くんもなんか天を仰いでるし、目はウルウル?してるし、声は震えてるというかなんか全然いつもと違って。あぁだめだ、やばい、私も泣いちゃうし、このままだと錦戸くんも泣いちゃうな...なんて思ってたけど、最後まで7人とeighterのラブストーリーをみんなで歌いきってくれて。最後に聞けてよかった。

 

映像挟んでLIFE~目の前の向こうへ~

大倉くんが話してる時から錦戸くん鼻すすってるし、あぁあぁあぁあぁって感じで。すばるくんも一生懸命話して...

8年前、関ジャニ∞こんなにカッコイイことできるんやで!って見せつけたくて、錦戸くんが直接事務所に掛け合って実現した 初のバンドスタイルのシングル曲。実際、本当にここから周りの人たちからも関ジャニってバンド出来るんだね!カッコイイんだね!お笑いだけじゃないんだ!」ってよく言われるようになって、ファンもどんどんどんどん増えて行って。間違いなく7人の関ジャニ∞"今"をつくった大きな要因の一つの曲で。みんなが大好きな曲だと勝手に思ってるんだけど、歌い出しからじわじわと込み上げてしまって。

すばるくんと錦戸くんの2人の掛け合いも、もう二度と聞けないんだな。とか。

そしたら錦戸くんが自分のパート歌い出した瞬間から、この子もうヤバイよ、ギリギリだよTTと思ったらポロっと涙をこぼして歌えなくなってしまって、そこから完全に涙腺崩壊。夜中にバカみたいに声出して泣いて。私は今まで、いなくなる実感がないからなのか、あまり現実味がないからなのか、あまり泣かなかったんだけど、今までの全てがここにして一瞬で溢れ出てきてしまった。

真実は分からないけど、やっぱり誰よりも寂しくて悲しくて受け入れたくなかったんだなって。強くて厳しくて、ある人から見れば、冷酷ともとれる言葉を並べて自分を奮い立たせて前に進もうとしていたんだな、と改めて思って。

 

実は誰よりもメンバーが大好きで、メンバーに絶対的な信頼を寄せているのって錦戸くんだと思ってるし、涙もろいのも錦戸くんだと思ってるんだけど。だけど、それを表に出したくないのも錦戸くんで。TVでは絶対に泣かないポリシーじゃないけど、男は他人の前では泣かん!!みたいなところが錦戸くんってあるから、LIFEを歌いながら堪えきれず涙をこぼして、泣くだけでなく歌えなくなっちゃう錦戸くんを見て、色々と込み上げて来ちゃって。しかも号泣とかじゃなくて、一生懸命堪えようとしていて、男泣きする姿に余計に泣けてしまって。

錦戸くんが歌えなくなって、フォローして一生懸命歌ってくれるメンバーもいたり、泣き出した錦戸くんの後ろで驚くほどの笑顔を最後まで見せてくれた本当の末っ子くんがいるのもTT

強気な姿勢で前を向いて進んでることだけを教えてくれるのも、気丈に振る舞い続けるのも、最後には結局、涙を抑えきれなくて一番最初に泣き出してしまうのも...全部全部が錦戸亮らしくて大好きだよ。

我慢強くて、とにかく強がりで...虚勢張って生きている男の人の涙にはとにかく弱い。いや、錦戸くんの涙には弱い。すぐに...いつでもどこでも零さない涙だからこそ重みがあるし、真実味があるし、何より本当の感情があると思うの。だからみんなあの瞬間に心動かされたんだろうなって。不器用な男性の本当の涙とあの表情。あなたの笑顔はこれからもみんなで守っていきたいな。

 

史上最高のLIFE~目の前の向こうへ~だったよ。もっと演奏がうまい、歌がうまいLIFEはあったと思う。だけど、今まで一番素晴らしいLIFE~目の前の向こうへ~だった。LIFE~目の前の向こうへ~が最もLIFE~目の前の向こうへ~らしく歌われた瞬間がそこにはあったよ。(ちょっとくどい 笑) 君がくれた笑顔で笑いたい まだまだ終わらないから〜この歌詞で終わった7人の関ジャニ∞。最強すぎる。

最後のすばるくんのエイターー!!史上最高に胸に響いた。そうだ、私はeighterだったんだ、今も昔もこれからも。

 

関ジャニ∞が最高すぎて、最高に関ジャニ∞だった瞬間があの時TVで流れてたなって。(途中の錦戸くんのしょーちゃん呼び然り)

一般的に見れば、誰よりも冷たそうで、クールなイメージであろう錦戸くんが誰よりも先に泣き出してしまう関ジャニ∞の末っ子ちゃんなところも。

本当は寂しくて仕方がないはずの村上くんが最後まで気丈に振る舞って取り持ってくれるところも。

誰かが崩れた瞬間に、満開の笑顔で楽しそうに最後まで演奏を続けていく真の末っ子大倉くんも。

泣くのを我慢してるような笑顔でお話をする丸山くんも。

何も言わずとも笑顔で終える安田くんも。

話しながら思わず泣き出しちゃう横山くんも。

涙目になろうとも最後まで泣かずに関ジャニ∞をやり切ったすばるくんも。

みんな優しすぎるんだよぉーー!!最高のチームワーク、メンバーすぎるよ。普段のTVでは分からない伝わらない関ジャニ∞が出てる放送だったなと。

こんなにカッコいい終わり方ある?こんなに誇らしい送り出し方ある?誰よりも悲しいはずのメンバーだけど、本当に誰よりもすばるくんを愛していて、心から応援しているんだなって...エイトらしさに溢れてて愛おしかったよ。

 

7人の最後が関ジャムでよかった。本当に。生放送してくれて本当にありがとうございます。最高のパフォーマンスを届けてくれた関ジャニ∞、そして、7人の関ジャニ∞とのラストセッションをしてくださった東京スカパラさん、夜遅くに生放送を見届けてくれた古田支配人、アナウンサーさん、本当にありがとうございました。

錦戸くんの最後のありがとうございましたが最高に錦戸亮でした。

 

 

関ジャニ∞のメインボーカル2人

私は錦戸亮さんが最初で(おそらく...未来は見えないからね)最後の自担だから、私は錦戸くんを好きになったことで関ジャニ∞のファンになったからどうしても何を語るにも錦戸くんの話になってしまうんだけど。

 

私の大好きな錦戸亮の隣にはいつも渋谷すばるがいたんだなっていうのが関ジャムを見て改めて感じたこと。最後のコメントも"最後はやっぱ何か寂しかったね"の後に言った一言が "隣で見たら" だったから。

メインボーカル 渋谷すばる

メインボーカル 錦戸亮

常に並んで歌い続けた2人。

"すばるくんとは関ジャニ∞でもずっと2人で歌って来たのでジョンとポールまではいかないけど感慨深かった。"

正直、この錦戸くんのコメントを聞いた時から涙が出て来ちゃったんだけど。錦戸くんってすばるくんが絶対みたいなところあるし、何なら関ジャニ∞のメインボーカルはすばるくんだけでも...みたいなこと言うけど、やっぱり錦戸亮関ジャニ∞のメインボーカルとしての誇りを持っていたねとすごく嬉しかったコメント。

大倉くんがジャムで2006年以来初めてすばるくんの隣で歌ったっていうくらいなのに、錦戸くんは14年間ずーっとすばるくんの隣で歌って、その隣の席を守り続けた、すばるくんが離れて行くその瞬間まで。

それぞれのメンバーにそれぞれのメンバー同士にしか分からない思いも感情も色々とあると思うけれど、共に肩並べて歌い続けた錦戸くんだからこそ、LIFEで涙を堪えきれなかったんだろうなって思った。

渋谷すばる錦戸亮

2人並んで歌う姿をきっとジョンとポールのようにカッコいいと自負していたんだろうなって。いや、それ以上かもしれない。僕たちが世界で一番かっこいいと、世界で一番のメインボーカルだ!!と思っていたのかな?って。ねぇ錦戸くん知ってる?あなたの隣に座っていた大好きなすばるくん。あのジョンとポールのコメント聞きながら うん、うん 頷いていたんだよ。すばるくんもきっとそう思ってたんじゃないかな?

これから先、どういうカタチになるのかは分からないけれど、渋谷すばる錦戸亮 あなた方2人が関ジャニ∞の最高で最強のメインボーカルだった事実は一生変わらないよ。すばるくんだったから、錦戸くんだったから、お互いの隣に並んで歌い続けられたんだと思うよ。"ジョンとポール" に負けないくらい素晴らしい "すばると亮" だったよ。

世界中には沢山の素晴らしいアイドルグループも歌手もバンドもあるけれど、私の目には間違いなくあなたたち2人が、世界中のどんな素晴らしい方々よりもカッコよくて素晴らしいメインボーカルだったよ。そして、世界で一番ステキなグループ、それが関ジャニ∞だったと思う。これからもきっと...ずっと...。

デビュー前から

デビュー前に某ラジオを横山くん、村上くん、錦戸くんでやった時。ボソボソ話す錦戸くんに「声張って喋ろよ!!」と指摘した二人。

注)全部ニュアンス

"骨折して仕事が出来ないのに声張らないでどうするんだ。仕事が来なくなるぞ!どうするんだ、もう関西は4人くらいしかいないんだぞ"と。

"抜けられたら困る。お前が抜けたら誰が歌うんだ。すばるしかいなくなる" (まぁだから俺ら2人を考えてくれ!という話なんだけど笑)

"お前が歌って、俺らが喋ったる!"

と話してて、その後に4人グループの話になって。

今日4人グループの名前を考えたと横山くんが言い出して、ここ(よこひなりょ)にすばるが入るんだけど〜と。

「しゃべるぜ(しゃべるZ)」 (あんまり喋らないコンセプトらしい)

これはあんまり入りたくない様子の錦戸くんだったけど、もう一つ考えがあって、それが

ビリケン(常にビリケン様を思ってなくてはならない)

これは入りたい錦戸くん。他にも「通天閣ズ」とかあったみたいだけど、これに落ち着いて、ここからビリケンズって名前が出来て。

その後関ジャニ∞としてデビューする前に別のラジオで横山くんが言ってたのが、

ビリケンズとして4人でデビューして、東京ドームで1000人ライブを500円でやる!

のが夢だということ。(1000人も500円も記憶曖昧だけど)色々とつっこみたい、正直なところ。笑

 

そして、関ジャニ∞ととしてデビューして、ラジオでこの話が出た時に村上くんが"メンバーの半分に入ってるで!!夢がかなった!"みたいに話してたのが印象的で。

デビュー前からヨコヒナさんが、歌は"すばると亮"と思ってたように、2人はずっとずっとメインボーカルとして手を繋いで、私たちに最高のモノを届けてくれてたんだなと。

そりゃ泣いちゃうよね。どんなに強がりな錦戸くんでも。自分を昔から...そして今でも、本当の弟のように可愛がってくれる3人のお兄ちゃんの1人が。いつも"亮〜亮〜"って優しく言ってくれる大好きな尊敬してる先輩が。隣でかっこよく歌っていた先輩がいなくなっちゃうんだもん。右も左もわからなかった13歳のりょうちゃんの道標となり、時に厳しくも常に優しく側にいてくれたお兄ちゃん。いつかすばるくんみたいになりたいと憧れを抱き続けてた大好きな人。張り続けた糸がプチっと切れた瞬間が、すばるくんがまだ隣で歌っている時にあってよかったと思う。これからは無理をしないで前に進んで行けるよね?

 

そして、関ジャニ∞が錦戸くんにとってありのままでいれるグループでよかったと心から思った。例えどんなに強がって、冷たい言葉を言ったとしても受け入れてくれて...強がってることさえも誰よりも理解してくれているであろうメンバーがいて。他の誰よりも錦戸亮を理解してくれる6人のメンバーがいた関ジャニ∞だから、最後に寂しいと涙を流せたんだよね?頼もしいエースではあるけど、本当は誰よりも寂しがり屋さんなところも甘えん坊なところも、メンバーが大好きなことも分かってくれるメンバーがいるグループだからこれからも大丈夫だなって思ったよ。だって15年やそこいらしか見ていない私たちでさえ、レンジャー一つ読むだけで強がってることも、本当は寂しいことも悲しいことも何となく感じ取ることができるんだから(その解釈が正しいかはわからないけど)、約20年、常に側にいた家族よりも近い仲間は彼を分かってくれてるに違いないから。あの時、錦戸くんが涙を見せることができてよかった。錦戸くんがこれ以上強がって、無理をする前に涙を見せてくれたから安心したよ、もう大丈夫だって。

Mステの最後もすばるくんの隣でどことなく悔しそうな表情をしている錦戸くんに安心した。悲しみよりも悔しそうに見えたの、あの時の表情は。昔は感情をストレートに見せてることが多かったけど、大人になったからなのか、外の世界と触れたからなのか、隣で戦う戦友を失ったからなのか...殺人的スケジュールの中では上手くコントロールできなかった故に感情爆発だったのかもしれないけど、近年は特にテレビでは感情を隠すことが多くなってたから、なんか素直に涙を零して寂しいと言える環境に、悔しそうな表情でいられる環境に安心したよ。

 

ねぇ?錦戸くん!知ってる?錦戸くんが泣き出したら一気に全員が泣き出しちゃうような...あなたはそういう不思議な存在だよ。本当に色んな意味で稀有な存在。天性の人を惹きつけるというか...そういう不思議な才能があるよね。みんながあの瞬間に涙腺崩壊してたよ。

 

 

錦戸くんとすばるくんとの絶妙な関係と距離感がいつも素敵だったよ。

村上くんの錦戸くんへの愛情があまりにも深すぎて、影に隠れちゃうけど、いつどんな時も

「亮カッコいい!!」「亮すご〜い」「りょーいけーー」「亮やれー」「かわいいぃ♡」そうやって声をかけてくれる人。優しくて結局は"りょう"に甘いお兄ちゃん。いつもありがたく思って見てました。

 

 

こんな最高のグループなのに、どうしてすばるくんが抜けて行くのか、それだけは本当に理解できない、だけど、だけど、10年後8人それぞれの場所で笑ってるよね?幸せだって言ってるよね、間違ってなかったって。

 

息子とまで言ったかわいい弟を泣かせちゃうすばるくん。だけど、すばるくんもメンバーを泣かせたくて決断したわけではないからね。自分で決めた道。涙目は見せても最後まで泣かないでやり遂げたすばるくん格好よかったよ。見たら泣いちゃうからか、メンバーを見れなかったであろうすばるくんも最後まですばるくんらしかった。

本当にこれから歩む道のりは厳しくて辛いものになると思うけど、渋谷すばるさんらしく歩んで行って欲しいです。

 

関ジャニ∞も6人手を繋いで歩いて行きましょう。

変な話、私は錦戸くんが好きで、錦戸くんが関ジャニ∞としてデビューしたから自ずと関ジャニ∞を応援するようになっただけなんだけど、それでも、錦戸くんが大切に思ってる錦戸くんが大好きなメンバーは、大好きで堪らない関ジャニ∞は、大切にしたいって思ってるし、大切に思ってる...これからもお互い思いやる関ジャニ∞でいて欲しいな。

 

これからも7人、元気に健康に生きて行ってください!元気でさえいれば、私たちには明るい未来があるはずだから。健康第一に歩いていきましょう。

 

 

最後に、大好きな錦戸くんへ。

錦戸くんが尊敬していて、大好きで...愛してやまない渋谷すばるさん。錦戸くんはいつになっても越えられないと思っているのかもしれないけど、その背中をずっと追いかけて来てたけれど、これからはもっともっと自信を持って歩いて行ってほしい。あなたが愛してやまない "渋谷すばる" の隣に並んで、見劣りせず歌を歌っていたことを誇りに思って欲しい。渋谷すばるの隣で歌を歌い続けた人は、世界でたった1人。唯一、錦戸亮だけなんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤中にイエローパンジーストリートが流れて...

ねぇ君が泣いていないか泣いていないか心配だ

きのう通り沿いのパンジーが咲いたよ

君が泣いていないか僕が心配しているって もし知ったならクスッと笑うだろう

君に錦戸くんを僕にすばるくんを重ねて、悲しくもクスッと笑ったよ。なんかちょっとすばりょっぽいね。

 

 

関係ないけれど、クロニクルで何を歌うか決めてる時に章ちゃんが「アコギありますか〜」って聞いて、誰かがヤス弾いてくれるん?って言った時に「りょーか俺か」って言ってくれたの嬉しかったよ。元々はエイトのギタリストはヤスくんだけで、錦戸くんはメインボーカルでしかなかったのに、バントスタイルになってこうやって "りょーか俺か" とギター演奏する候補に錦戸くんを入れてくれたさりげないその一言。特に深い意図もなくただ口から出た言葉だと思うけど、だからこそより一層嬉しかった。これからはギタリストはあなたたち2人だけになるけれど、最高の音楽を聴かせてね。

 

 

最高で最強の関ジャニ∞