読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦戸亮と共にいつまでも...©

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心主義☺︎

名曲は、タイトルがなんであれ名曲。

関ジャニ∞ 錦戸亮

錦戸くんが当時、BJのタイトルについて、作家さんがデモに適当につけてた "BJ" をそのまま使っただけだと説明した時の最後に言った言葉。

"名曲は、タイトルがなんであれ名曲ってことやね。" って言葉がとっても印象に残ってる…そんな

錦戸くんが大好きなBJ

私も大好きなBJ

2017年1月25日 BJ 2017verとして新たに音源化されたBJ。

 

2017年始まったと同時に唐突に発表されたBJの再録。喜びと嬉しさと期待でいっぱいだった。なんせ、彼にはHeavenly Psychoの素晴らしい編曲の実績があるから。あぁ、今回も素敵なBJをまたちょっと違った素敵なBJにアレンジしてくれるんだろうな…と。

 

逸る気持ちが抑えきれなくて、パソコンに取り込んで、iPodに落とす前に、そっと再生ボタンを押した。

トラック2番 Tokyoholicで堪えてた涙が、トラック3番 BJへと移り変わり暫くして、零れ落ちてた。

 

始まりの方から、なんだかとっても温かくて、そこにすばるくんの優しい歌声が重なった瞬間、心にふわっと優しさと温かさが広がっていく…。すばるくんの歌声が聞こえるまでは、打楽器だけなのがなんかよくて、

そこに続くマルちゃんの優しさ溢れる歌声。

錦戸くんの優しくもなんだか儚げな歌声と大倉くんの優しく響く下ハモ。

刹那に〜から錦戸くん1人のとっても優しく切ない歌声。

少し可笑しくって の歌い方がとってもとってもいい◎

 

サビでメインボーカルのすばるくんと錦戸くんの歌声を前面に他のメンバーのハモりや楽器の音が重なった瞬間に堪えていた涙が溢れ出した。

 

間奏の感じもとっても錦戸くんらしい感じ。ドラムの音とともに少しロックな感じに。

 

2番に入って大倉くんの優しく重みのある歌声とそれに続く横山くんの少し慣れていない感じの歌い方が心地よくて、村上くんの温かい歌声が胸に響いてくる。

 

サビは基本的にすばるくんと錦戸くんの歌声がよく聞こえてきて、正反対の2人の歌声がとってもよく生かされてる。

 

そこから大サビの2人の歌声と被せてくるヤスくんの歌声。

 

2番から楽器の音も増えて、厚みを増して、ロックな感じになっていくんだけど、最初から最後まで優しくて、温かくて、心が幸せで満たされたまま終わる。

 

終わりのアコギのチャーンがまた堪らない。

 

 

錦戸亮ちゃん、やっぱりあなたは凄いです。

脱帽です。

BJ とっても大好きな曲なんです。だからこそ、ハードルが上がってたんです。

期待を超えて来てくれることは重々分かっていたけど、本当に毎度のことながら、高まる期待を超えて来てくれるな、と。

シンセの音とかアコギの音とかドラムの感じとか…全部がいい。切なさの中の前向き感が、より感じられる。

 

原曲よりもさらに優しく温かい。

錦戸くんが前に "BJとHeavenly Psychoは切ない印象だけど前に進もうって曲でちょっと繋がってる"  って言ってたけど、本当にHeavenly Psychoしかり、BJしかり、切ないけど、とっても切ないけど、前をしっかり見て進んでる感じがして、好きだな…と。

そして、10年近くの時を経て、彼らがまた新たに歌うことが意味深い…というか素敵だな…って心底思いました。あの頃よりもみんなの声に深みがあって、なんだかとっても……。みんながオーバー30になって、尖ってたあの頃よりも随分と丸くなって…歌声も歌い方も表現の仕方も変わってて…とっても簡単に言うならば、あの頃の彼らには原曲のBJが合ってて、今の関ジャニ∞には再録のBJが合ってるな…ってそんな感じ。

 

BJっていつ聴いても名曲。いい歌詞。凄く切ないよね、だけど…だから…?なんかいいよね。

 

再録のBJを聴いてて、ふと制服を着て学校に通ってたあの頃を思い出しながら、あの頃思い描いてた "僕という未来" を今、歩んでるんだな…なんて妙に感慨深く感じて、さらに、自然と"思い描いてた場所を遠く眺め"てしまうから、なんか、誰でも共感できる歌だなって。あの頃よりも響いてくる何かがある。きっと9年の間に色々と経験して学んで…自然と身につけた何かなんだろうな。再録verの方が今の私には、そうやってスーッと入ってくるから、再録verをありがとう と心から思う。

 

 

ぜひ、沢山の方々に、白い息を街灯に溶かしながら聴いて欲しい。とっても寒いと思うけど、心が温かくて、ほっこりと優しさに包み込まれると思う。

 

そして何よりも…錦戸亮ちゃんの関ジャニ∞への愛が溢れてるBJだった。どれくらい愛してるか、その答えを見つけられないくらいに、きっと錦戸くんはメンバーが…関ジャニ∞というグループが大好きなんだろうなって。改めて、本当にメンバー愛に溢れる子だな…って大好きになった。誰かに愛される人って、やっぱりその人自身が誰かを愛して大切にしてるんだなって…錦戸くんの編曲したBJから感じた愛が大きくて、私はこれから錦戸亮ちゃんをさらに愛さずにはいられない。

 

錦戸くんの編曲されたこのBJのアレンジ、とっても大好きなんだけど、今回の再録でいちばんグッと来たのは錦戸くんの "刹那に消えゆく感情にも似てた 少し可笑しくて""少し可笑しくて" の前のブレスの音。これ、本人も完成したの聞くまでブレスの音が入ってること知らなかったって当時何かで言ってた記憶があって…(その頃の雑誌全部見てみたんだけど出てこず。買わなかった雑誌かな?)

あんなに息吸ってたんや…けど、それがいい感じやった…みたいなことを言ってた記憶があったから、凄く印象に残ってて。

再録されるのを初めて聴いた時に、私は正直、そこが一番気になってたくらいで…(ごめんなさい)。なんせ、BJの良さの3割くらいはあのブレスが占めてると思ってるから(盛りすぎかな?)。

そしたら、ブレスの音がしっかりと入ってて、あぁこのブレスのこと覚えてたのかな?と。凄く凄く、グッと来た。再録verもあのブレスの音がとってもよかった。

 

 

大好きなBJが、もっと大好きな…一生大切にしていきたいBJとして再録された2017年に万歳🙌

 

これで錦戸くんの大好きな関ジャニ∞の二大名曲を、錦戸くんが推薦する元気になる関ジャニ∞の2曲を…再録したわけだけど、次はどんな素敵な編曲を…作詞作曲を…してくれるのか。楽しみに待っております。