読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦戸亮と共にいつまでも...©

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心主義☺︎

元気が出るLIVE in 東京

関ジャニ∞の元気が出るLIVE 東京公演最終日から2日。今の私は、まさに、錦戸ロス。....かなり、錦戸くんを求めている。
私の今回のライブは、東京初日からスタート。そして、20日が今年のエイト納めだった。関ジャニズムのオーラスからスタートした私の2015年は、20日をもって早くも終了。なんだか、切なくもあるけれど、振り返ると、とても充実して楽しい2015年であった。


そんな今年の締めくくりのLIVE
"関ジャニ∞の元気が出るLIVE" 皆さんは元気が出たのだろうか?
単純な話、私は、ステージで輝いている "錦戸亮" を見れるだけで、かなり元気になるらしい。それ以外に答えはない。
そこに、その時間に、彼がいて、同じ時間を共有出来れば、心は満たされるようだ。(例え米粒大の彼であっても、スクリーンが見えづらくても。(笑))

それ以外に、あまり望むものがないということを知ってしまった。(あ、ダメ男をつくる典型的なタイプだ....なんて、自分に失望したのはここだけの話。)


終わった時に、満足して、幸せで、幸せで堪らない自分がそこにはいて、心から "錦戸くんありがとう" "エイトさん、ありがとう" と思った。

そんな "元気が出るLIVE" 。

Twitter上のTLに流れてくる多少のネタバレを薄目で見ながら、ガッツリのネタバレはいつもと同様せずに挑んだ。セトリが云々という話をよく目にしてて、"どうなのかな?私は何を感じるかな?" って思いながら始まったLIVE。

正直、あまりにもはまってない人が多すぎて、不安だったけれど、私はそこまで"ハマらなかった" ことはないかな、と。   (いや、もしかしたら.....そもそも私には、ハマるハマらないがないのかもしれない。彼を(彼らを)好きになったあの頃、まだまだ子どもで、幼くて......批評することさえ出来ないような子どもだったから、彼が(彼らが)することは全て大好きで、何でも受け入れられた。多分、私は、この歳になっても(恥ずかしいけど)、まだその延長線上にいるんだと思う。)

うん、普通に楽しかった!いや、最高に楽しかった。

OPの映像は、なんだかとても温かい気持ちになって....そこからのあの曲は、とても意外だった。あぁそこいく?っと。なんだか、新しい感じだったかな!


前向きスクリーム
対して好きでも嫌いでもない曲だけど、17日にやられた。 "前向き!前向き!" のところの錦戸くんの脚が、泣きたくなるくらいに可愛かった。その脚をずっと見ていたくて、終わって欲しくなかった....(笑) なのに、錦戸くん、20日は全然やってくれないの。いけずなんだから...大阪に期待します!



ふりむくわけにはいかないぜ
CDで聴くよりも生の方が断然、かっこよかった。"錦戸くんってこういう歌い方もできるよね♡" なんて...改めて惚れ惚れしてみたり。 最後に "ふりむくわけにはいかないぜ" と永遠に言わされたあの時は、少し怖かった(笑) 20日は短かったのだけど、17日長すぎて、、、だけど、とっても楽しい曲だな、と。



LIFE~目の前の向こうへ~ と 言ったじゃないか
は安定の素敵さ。何がどうって表せないけど、安定の素敵さ。20日、錦戸くんがLIFEの歌詞間違えたの可愛かった。ヤスも間違えてた?気のせい?



Heavenly Psycho
意外に序盤に来てびっくりした。イントロが始まった時点で鳥肌。温かいヒナちゃんの奏でる音色とヨコのトランペットの強くも柔らかい音色に、すばるの声が重なった時に、"うわぁ" と様々な感情が。すばるの顔が優しくて、声も温かくて。そして、錦戸くんがとろけるくらい優しいお顔で、温かい声で歌い始めたあの時に、涙腺崩壊。(ここの錦戸くんのパートの歌詞が大嫌いで大好きなのです。ここでは、語りませんが) お兄ちゃん3人でできたあの空間に入っていく亮ちゃんにぎゅーっと胸が締め付けられる。(ビリケンズ大好き)  この曲歌う時のみんなの顔が、お互いを見る目が、優しすぎて、温かすぎて、苦しかった。2015ver. 生で聴いてより一層好きになった。いつどの時代に、どのステージで歌っても、"希望の歌" は希望の歌として輝いて響くと実感。(語りすぎた)



CANDY MY LOVE と バリンタン
かわいいよ、可愛すぎるよ。素っぴんであのクオリティでやられてしまったら、この世でこれからも女性として生きて行かなければならない私は、どうしたらいいのですか?と泣きたいくらい可愛かった。錦子ちゃんの清楚感と箱入り娘感。大切に大切に可愛い可愛い言われて育てられた感。堪らない。 CANDY~のダンスも可愛かった。バリンタンをまさかこの格好でやるとは思わなかったから、びっくりした。たけど、この曲ならメンバー作詞作曲だから、キャンジャニでやっても大丈夫だしね。錦子ちゃんとっても可愛いのに、タンバリンの叩き方が格好良すぎてですね、そこだけ錦戸亮が混じってて、うん。(笑)けど、良かったなー。

夏の恋人
丸ちゃんが全プロデュースだよね。すごい良かった。踊りも、斬新かつ新鮮な感じだった。なんか昭和っぽい感じ(笑) ヤンマーの絡みも、この組み合わせ作ったのマルちゃん....とか、丸ちゃんが錦戸くんを女役に...とか。色々思った。けど、ヤスを男役、錦戸くんを女役にしたのが何ともマルちゃんらしいし、これ、反対だったら、私はこの部分に湧かなかったな、きっと。そして、マルちゃんの中では、やはり錦戸くんがセンターなのかな。嬉しかったよ、マルちゃん。ありがとう。錦戸くんのNo. 1 ホスト感!分かってる〜ってグッドポーズをやりたかった。うん、この曲素敵!




渇いた花
好きだからこの曲だけ。私、この曲が好きで、パズル魂の時にバクステでみんなが目の前で歌ってくれた思い出もある曲なんだけど、久しぶりに2人のこの曲を聴いて、やっぱ好き!と思った。すばるの歌声素敵だったし、ヒナちゃんもピアノが本当に上手になったな〜なんて感慨深かった。



バナナジュース
これはもう、サックス抱えて出てきた錦戸亮見て悶絶。サックス上手すぎる。格好いい人はサックスの音色まで格好いいんですか?と大声で叫びたいくらいに格好いい。バナナジュースの錦戸くんは、ダンディな錦戸亮だった。もうね、素敵すぎて、サックスの音色と錦戸亮の素晴らしさしか覚えてないんだ。ヨコも素敵だったことは、記憶にある。鳥肌がたつとは正にこれ!という瞬間。全身に鳥肌たった。
(こんな錦戸亮もいるんですね!まだまだ、私の知らない錦戸亮が沢山がいるかと思うと、この先もずっとファンで居られると自信が湧きました)
とても格好いいんだけど、歌詞で言葉遊びというか、歌詞に面白さがあるから、ただただ格好いいだけではなくて。あぁ、さすが錦戸亮!という一言に尽きるな、と。面白いだけでなくて、格好良さの中に面白さを表現するなんて、なかなかですよ、錦戸亮さん。(好き)



LOVE&KING
ぱぱぱ、、、、ぱぴぷぺ。うん。(笑)海は広いな大きいな〜オッケー!(笑)って感じだけど、キングだからできることだね。一塁の小島から現れる "黄色い太陽のりょう" 格好よすぎる。さっきまでのダンディ亮さんどこいった?ってくらい、イケメンチャラ男に変身を遂げてた。歩き方までチャラ男。ダンスは素敵。何なんだろう、あの倒れないで起き上がるダンス。格好よすぎて。うん、格好いい。RYOって感じだった。錦戸くん、こういうダンスも出来るんだって、またまた惚れる。




全然ツーンっとは、してなかったけど、格好よかった。(さっきからそれしか言ってない。だけど、私はインコではありません。) 



韻踏ィニティ
浮気お嬢さん、抜かれないから、特に記憶なし。いや、特記事項なしって感じ。良かったけどね!20日の浮気お嬢さんは1度だけ抜かれたので....格好よかった。



ナントカナルサ
私、錦戸組と渋谷組に分かれて歌う感じの曲大好きなんですよ。堪らない。WASABIもそう。ブリュレとかLIFEとかいっぱいあるけど、これもいい。素敵。大サビ大好き。衣装脱ぐの早い錦戸くん。20日は、17日よりも早かった。(笑)流石錦戸亮



High spirts
エイトのバンド力、演奏力の上昇を感じた。昔はこういうの関ジミ3だけで、しばらくして、錦戸くんも参加するようになってて、また気がついたら全員になってたよね。錦戸くんのギターソロイン、すごいよかった。そして、何よりもマルちゃんのベースかな。凄い凄いよかった。ヤスのギターはやはり輝いてるし。みんなが本当に上達したよね。そして、何よりも、メンバー全員が楽しそうで、私も楽しかった。



勝手に仕上がれ
まさかこんな終盤に来るなんて思ってもなかった。盛り上がりが半端ないです。そして、" K A N J A N I E I G H T " 楽しくて仕方ない。会場全体の一体感。まさに会場が一つになった瞬間だったと思う。メンバーも楽しそうだったな。



侍唄
勝手に仕上がれで盛り上がったあの気持ちを静めてくれる、落ち着かせてくれる感じ。何よりも、侍唄のはじまり。あの瞬間、世界で一番幸せだったのは錦戸くんのファンに間違いない。彼が奏でるアコギ。アコギ一本の音色に重なる錦戸亮の歌声。その音以外に、東京ドームに響くものはない。 "あぁ生きてて良かった。"って本当に思った。すばるの強い歌声も、侍らしくて良かった。みんなのハモリもきれいだったな。



アンコールのメドレー
色々聞きたいけど、フルは結構ですって欲張りなこと、思うことあるから、色んなものをつまみ食い出来る感じでよかった。アンコールだからこそ、こういうメドレーもありだと思う。ただね、二日間一塁側だったからね、気球に乗って錦戸くん現れないから、泣きたかったです。



元気が出るSONG
錦戸くんの曲振り。本当に、下手なんだ、この子。頭が良いはずなのに、ダメだよね、こういうの。元々、多くを語らない彼だからこそ、これくらいの曲振りの方が、彼らしいかな、とも思うけど。
17日の曲振りは個人的に聞けて良かったな、と思う。彼、やっぱりまだ色々と整理出来てなかったんだ、って思って、苦しくもなったけど、整理出来たって言ってて、良かったって。(お母さん安心したよ。)
みんな直筆の歌詞がスクリーンに流れてて、余計にジーンっと来た。泣かないなんて無理だよって言いたいくらいに。(みんなとても丁寧な字で書いてて、そこにもグッと来た)
Twitterにも書いたのだけど、錦戸くんの詞が
大好きで。錦戸くんらしくて、泣けた。だって可愛すぎるでしょ。僕の隣にいて欲しいと相手に願うのではなくて、君の隣に僕がいたいって意思を表明してるんだよ。(あぁ泣ける。なんて可愛い子なんだ)さらに、笑ってる横顔が見てたいって、あくまでも "君" の隣にいる感じ。多分誰よりも、"永遠" が難しいことを知ってるはずの彼から出る "永遠" の2文字は、苦しいくらいに重かった。
この曲、別にそこまで大好きです!って曲ではなかったのだけど(ごめんね)、ライブで聴いてかなり好きな曲になった。(ライブ後に、もう一度製作ドキュメント見て、さらに好きになった)

この曲で、ライブの全てを終わらせたこと。すごくよかったなって思った。


ここまで来て。あぁ私、錦戸くんの "皆さんのこと大好きです!愛してます!" って軽く言わないところとか、他の誰よりも俯瞰的に物事を見たり、一歩後ろから見てたり、そういうところ好きだなって。彼自身が一線を引いてる...というか。
だけど、実は誰よりも熱いじゃない。誰よりも、メンバーとか、ファンを愛してるじゃない。そういうのが、この "元気が出るSONG" に表れてるなと。"大好き" とか、"愛してる" の押し売りをしないで、気づく人は気づくでしょ?ってこのスタンスが堪らなく好きみたい。(だからこそ、彼が言う、大好きとか愛してるとかって、凄く重いよね(苦笑)) ぼんやりやんわりふわふわしてるのに、冷静に物事を捉えてる彼が好きだな。



そんなこんなで、今年最後のライブ。
凄く楽しかったです。今年に悔いはありません。(多分)
毎年歌ってる、しつこい系の曲もやはり多いけど、それは仕方ないことなので!会場にいるのは、eighterさんだけではなくて。初めて彼らを生で見る人も、曲も知らない人もあの空間にはいるので、代表曲とかの定番曲はどうしても外せないと思うので。(笑)(ズッコケとか無責任とかねLIFEとかもファンが増えた頃だし、初のシングルバンド曲だから外せないでしょう。)

最高でしたよ!

出口に錦戸亮って書かれた段ボールが置いてあったら、持ってる全財産を入れて帰って来たいくらいに素敵でした。8100円じゃ安すぎるくらい素敵だった。(チケット売って儲けてるお嬢さんたちが多すぎるから、事務所がもっとチケ代あげた方が資本主義に適ってるんじゃないの?)

360度
どの方向から見ても格好良いんだ彼。だから、是非、360度全方向から撮影をして、全アングルからの映像を収録したDVDかBlu-rayを発売お願い致します。どんなに高くても買います。本当に、欲しいです。




格好良い錦戸亮
イケメン錦戸亮
ハンサム錦戸亮
チャラ男錦戸亮
かわいい錦戸亮
.....もっともっと色んな錦戸亮が見れて、幸せでした。錦戸亮の振り幅に乾杯!(完敗)
そして、幸せそうな錦戸くんを私が見れるのはあなた方がいるからです。エイトのメンバーの皆さんありがとうございました^ ^

本年も大変お世話になりました。来年も宜しくお願い致します!錦戸亮さん♡