読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦戸亮と共にいつまでも...©

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心主義☺︎

彼の行く先は....

2015年。なんだか、とても成長したように感じる彼。逞しく、男らしくなって。外見だけじゃなくて、中身も。
なんだか、寂しくも、頼もしくもあるけれど、本当に嬉しくって。思わずこれを綴っている。




約18年前。芸能界という厳しい世界に、自らタネを蒔いた彼。可愛いルックスと天使のボーイソプラノ。だけど、毒舌で。そのルックスとは、似ても似つかぬ、堂々っぷりと物怖じしない性格。

18年経った現在。その世界の中でも、成功した人たちの中にいる彼。あの頃とあまり変わらない性格。生まれたころと全く変わってないその可愛さとその笑顔に、歳を重ねて得た、格好良さと逞しさ、男らしさを兼ね備えた彼。



他の誰よりも、多くの場数をこなしてここまで来た。絶え間なく働き続けて、いつ過労死するのか不安だったし、生き急いでるその姿が、時折、切なくもあったけれど、今になって分かったのは、
"錦戸亮という木の根っこは、誰よりも深く長い"
ということ。そして、そんな彼は
"誰よりも強い"
ということ。
他の31年生きてる人よりも木よりも、多く年輪も重ねて...。一年に一つずつ増える年輪を、彼は一年に2つも3つも増やしたから。

根っこがしっかりしてて、年輪も多く重ねて、幹がしっかりしたその、"錦戸亮"という木は、どんなに強い風が吹いても倒れないし、どんなに激しい雨が降っても大丈夫。
だからどこまでも行ける。

十数年、急激に成長させたその木を、ここ数年はじっくり、ゆっくり成熟させる時だったと思う。もっともっと強く、何があっても倒れず、葉っぱの1枚さえ落とすことがないくらいの、無敵な木になれるように、と。どんどんどんどん成熟した彼。

数年前の演技を見ても、あの頃はそれで "さすが" と思ってた筈なのに、今見ると、"あぁ今はもっと上手くなったね"って思わせてくれる、その成長っぷり。

止まることを知らない彼。

どんな大きなことでも、受け止める準備はしてるから、いつでもかかって来てください。

ドラマも映画も、ソロツアーもソロシングルもアルバムも。

自分が "今だ!" と思うその時に、迷わずやって下さい。

だからね、お願い。もっともっと欲を出して。
もっともっと、、"僕が!僕が!" って前へ出て来てもいいんだよ?
出て来ない所が、彼の良さであることは重々承知してるし、"みんながやりたいことをする"のが、一番の幸せだと言うことも分かってるけど....。

......けど、これを綴ってて分かった。
その主張しすぎないところが、彼なんだと。

だから、演技では、主演も助演もできるんだね。主演をできる彼が、脇役をした時に、主役を食べてしまわない。(時々いるじゃない?妙に目立ってしまった脇役さん。悪目立ち?)
音楽面でも、メインボーカルなのに、さらに言えば、結構独特な声なのに、ハモリをキレイに出来るところ。
"僕が!僕が!"ではない、彼だからこそ....そうか。

だけどね、
"あなたが思っている以上に、錦戸亮は魅力的な人間だよ"
って教えてあげたい。もっと、もっと自分に自信を持ってって背中を押してあげたい。


恐らく彼は、今では事務所があえて強く推さなくとも、表の世界へ出てくる人だと思う。業界から、声がかかる人だと思う。
この世界で"必要"とされる人だと思う。

ここ最近で一番嬉しかったこと。それは、彼が言った
『もう道はこれしかない』
という言葉。
この一言に、彼の決意と覚悟が見えると同時に、まだまだ、僕はこれから!という輝く未来が見えたから、この道でずっと生きていけるように、これからも、自分のペースで頑張ってほしいな、なんて。
(私もそれに相応しい応援をするからね)

そろそろ、お久しぶりに、舞台かミュージカルなんて如何ですか?音楽面でも、演技面でも、先頭を切って走るあなたこそ、やるべきではありませんか?

全て需要があると思うので、供給して頂ければ、、、均衡を図りましょう。



なんだか楽しい未来が見えて来た。
彼の行く先には、きっと.......






結局言いたいことがまとまらない。


そして本当は、これを書こうとしていたのに、寄り道して一つ前のをついつい書き留めてしまった(笑)