錦戸亮と共にいつまでも...©

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心主義☺︎

錦戸亮×丸山隆平

第四回

錦戸亮×丸山隆平


先輩と後輩。後輩と先輩。友達。


なんとも不思議な関係な2人。

錦戸くんが、プライベートで遊ぶ唯一のメンバーがマルちゃん。


錦戸先輩とマルちゃん。時々、丸山先輩と亮ちゃん。


マルちゃんはすごく亮ちゃんが好きだよね。いつでも亮ちゃんはカッコいい。顔がカッコいい。って言ってるよね。


マルちゃん、嫉妬の気持ちは特になかったみたいなこと言ってたよね。

『"また亮ちゃんか"ぐらいな感じはあったかも。』って。

けどね、一番亮ちゃんに対しての嫉妬の気持ち持ってたり羨望の眼差しで見てるのってマルちゃんな気がするんだよね。いい意味でね。


マルちゃんって、"亮ちゃんは凄いから" "亮ちゃんはカッコいいから" "亮ちゃんは器用だから" 。

だから『スター街道真っしぐら』って思ってる割に、結構亮ちゃんに嫉妬してるよね。

亮ちゃんが『先陣を切って行ってくれる存在』だと分かってて、それを認めてるんだけど、心のどこかで "どうしてだろう?僕は?僕じゃダメなの?"って思ってる気がするんだ。自分も頑張ってて....凄く凄く頑張ってるのに、いつも亮ちゃんばかり。

(勿論、マルちゃんは亮ちゃんがすごい努力してることを知ってるんだけどね。だからそこを進んでいくことが出来てることもね。)


けどね、亮ちゃんはそれに気づいてると思うんだ。マルちゃんがそういう風に思ってることも、マルちゃんが頑張ってることも、全部全部。


亮ちゃんってマルちゃんにすごい厳しくするじゃない。"おい、マルっ!!" "マルー!"って。年下なのに、まるで自分が年上かのように。そうやって、マルちゃんを叱咤激励して、頑張れ!頑張れ!って応援してるんだよね。


亮ちゃんってマルちゃんの才能認めてるじゃない。歌だって自分よりマルほうが上手いって思ってるし、『マルの芝居好きやねん。』って言ってるし、『面白い人』だとも思ってる。けど、マルちゃんは"褒めて伸びるタイプじゃない"って亮ちゃんは思ってる気がするんだよね。


あえて言うなら、"自分がマルを褒めてもマルは伸びない" って思ってると思う。


だから、なんか、2人の関係ってすごい面白い。


ほほえみデートから2人の関係性ってちょっと変わったな、なんて思ってる。

多分お互いがお互いに持つ印象や感情が、少しだけ変わったんだろうなって。お互いのことがちょっと分かったというか。


そこからの2人の雰囲気もまたいいよね。うん。


マルちゃんのことが好きだけど、"もうマル、うるさい"なんて突き放しちゃう亮ちゃん

亮ちゃんに少し憧れてるけど、『悪ガキすぎて、いまだについていかれへん』なんて思いながらもやっぱり亮ちゃんが好きなマルちゃん。

相反する性格な2人。だけど、なんだか似ている2人。そして、意外に甘〜い2人。


亮ちゃんに『マルほど、"ムードメーカー"って言葉が当てはまるヤツはいない。』なんて言われるくらい、明るくて元気なマルちゃん。亮ちゃんのワガママも受け止めてくれる大人なマルちゃん。

年上なのに、マルに対して『マルのことだけは"アイツ"とか"お前"って言ってるもん(笑)』とか言っちゃう亮ちゃん。


どっちが年上で、どっちが年下なのか分からなくなっちゃう2人。

『ときに父のようであったり、時に弟のような存在であったり…そんな感覚かな(笑)。』なんて、マルが言ってたけど、見てるこっちもそう思う。


けど、良いバランスだよ、あなたたち。いつまでもそのバランスを保って欲しいな。


錦戸亮×丸山隆平=最強の均衡



うん、難しい、本当に。


ここの2人のエピソードも色々あるよね。おしげさんと亮ちゃんを食事の場で会わせてくれたりとか、色々。マルちゃんの優しさ、好き。