読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦戸亮と共にいつまでも...©

錦戸亮なしの人生は考えられない。そんな私が勝手気ままに綴るブログ。理想ばかり棚に並べて、都合のいい夢ばかり見てます。錦戸亮中心主義☺︎

錦戸亮×横山裕

私は関ジャニ∞が好きだ。誰に何を言われようと関ジャニ∞が好きだ。しかし、"そこに彼がいること"というのが、その前提条件としてある。

 

彼を好きになったから、関ジャニ∞に出会えた。彼を好きになったから、関ジャニ∞を好きになれた。

 

錦戸亮×メンバー

それについて考えてみようと思う。

 

第一回

錦戸亮×横山裕

 

兄と弟。父と息子。どんな言葉を当てはめればいいか。かなり悩む。

正反対の考え方を持ってる2人なんだよね。だからこそ、色んな部分で対立してることが多いなって思う。よく、ケンカになった、言い争いになったって言ったりしてたのも、こういうことから来るんだろうなって。だけど、この2人にはいつまでも対立する考えを持っていて欲しいなって思うんだ。

 

かつて、ライブの最後の一曲を巡って喧嘩になったあの時のように、いつまでも"より良いもの"になるように考えて、お互いの意見をぶつけ合っていく2人でいて欲しい。

もし、どちらか一方が、他方の意見をそのまま素直に『いいねいいね』と受け入れるようになってしまったら。多分関ジャニ∞は、終わると思う。勿論、他のメンバーの意見も相俟って、現在の関ジャニ∞というものが、関ジャニ∞のライブが出来上がってるのだけど、この2人の考えはすごく重要な部分を担っていると思うから。

 

そんな正反対な2人なんだけど、本当は凄く似ている部分もあるように感じるんだよね。そこがまた、面白い2人。

そして、横山くんにとって、どっくんはいつまでも10代のあの少年のまま。可愛くて可愛くて可愛くて、生意気で。だけど、やっぱり可愛くて。大倉忠義という末っ子メンバーがいながらも、横山くんにとってはどっくんが末っ子なんだよね。

かつてあるパンフレットで言ってたよね。『錦戸は錦戸でしかない。錦戸というブランド、いわば特権ですよ(笑)。』と。

 

あぁきっと、横山くんにとってどっくんは他の年下組の3人とは別の枠なんだろうな、って思わずにはいられないこの感じ。

 

『ただ、ずるい(笑)。』この一言にも、あぁ可愛いんだなって、『心配しとったこっちはどうすりゃええねん?』なんて思って困っても、結局は可愛い弟なんだよね。

 

番組とかで、どんなに噛み付かれたって、嬉しそうな顔、してるもんね。(笑)

 

 

だけど、そんな横山くんもきっとどっくんに対しては何度もジェラシーの念を抱いたと思うんだ。自分の後ろをぴょこぴょこついて来てた錦戸少年が、いつの間にか1人で大阪と東京を行き来して活躍して。自分は東京でどん底を見て。気がついたら後ろにいた可愛い弟が、自分の前を走っていってて。先にデビューして、華やいだ舞台に立って。

だけど、そんな横山くんに対して錦戸少年も困惑してたと思うんだ。前を走っていたお兄ちゃんがいなくなって、気がついたら自分の後ろにいて。目標としていた人が目の前から消えて、目の前には誰もいない。

ライバルになるなんて思ってもいなかった弟がライバルとなり、もはや自分を越えていったことに困惑するお兄ちゃんと、越えたい越えたいと願っていた筈なのに、いざ越えてしまったらどうしていいのか、どう接するのが正解なのか分からない弟。

昔はその感じがよく垣間見えてたけど、今はやっぱり時を経て落ち着いてきたかな。

2人の関係性も少しずつ変わってきたな、なんて。(今でも時々、横山兄ちゃんの錦戸少年に対するジェラシー感じる時、あるけどね(笑))

 

だけど、錦戸くんが年上組でこんなにも噛み付いて、キャンキャンキャンキャン言えるのは横山くんだけだと思うから、いつまでもその関係は変わらないで欲しい。どんなにキャンキャン(ガゥガゥ?)言っても、拒否しながら嬉しそうに笑っている、横山兄ちゃんでいて欲しいし、嚙みつき続ける錦戸少年でいて欲しい。

何をされてもどっくんだからと許してしまう甘い甘い横山くんと、横山くんは自分なら何をしても許してくれちゃうなんて自負してるどっくん。

いつまでも、横山くんが暑くて寝れないくらいまとわりつく錦戸少年でいて欲しい。(懐かしいね、この話 笑)そして、それをイヤがりながら心の中では喜んでる横山兄ちゃんでいて欲しい。

 

横山くん。どっくんはすごくすごくあなたのことが好きだからね。何でも受け入れてあげてね?

 

あっ、結局はあの頃と殆ど何も変わってないんだね、この2人。

プロデューサー的なこの2人。

いつまでも、対立しつつ共鳴しつつ、関ジャニ∞をプロデュースしていってください。

 

錦戸亮×横山裕=最強プロデューサー

 

p.s. 横山くーん。私は錦戸担だから言わせてね。あまりMCで錦戸くんが参加できなかった楽しい話をし過ぎないでね!するのは構わないし…し過ぎないでね!笑 けど、いつも優しくしてくれてありがとう。

 

この2人のエピソードは、お肉のお弁当とお魚のお弁当を交換してくれる横山裕兄ちゃんの話とか、くっついて寝る話とかが、やっぱり好きですね。

なんだかんだでお互いに大好きだね。

 

全然文がまとまらない。もっと言いたいこととか沢山あるのにね。